To familyまわりの方へ

TOP > まわりの方へ

ご家族様・ご友人の方へ

決して焦らず、
第三者のサポートを検討してみてくだい

うつ病は本人だけでなく、一緒に暮らす家族やパートナーにとっても大きな心配です。

「なにか自分にできることは?」
「話しかけたほうがいいのか、それとも静かに見守っていたほうがいいのか?」など、最初はわからないことばかりだと思います。そんな家族やパートナーの皆さんに、私たちはまず2つのことをお伝えしたいと思います。

1つは、早く回復してもらおうと思って焦りすぎないこと。そういった周囲の人間の思いは、本人にとって強いストレスになるばかり。また、うつ病などの気分障害は、元気になったと思ってもまた症状が悪化したり、調子のよい日と悪い日の繰り返しです。無理に早期の社会復帰を果たしても、また病状がぶり返し、元の木阿弥になってしまうケースがめずらしくありません。

そしてもう1つは、本人や家族の皆さんだけで悩みを抱え込まないこと。本人や家族だけでできることには、どうしても限界があります。よろしければ、まずは第三者である私たちを頼ってみてください。

本人が相談や見学に来られない場合は、家族やパートナーの方だけでも大丈夫です。そして家に帰ってから、本人も交えて話し合いの機会を持ってみてはいかがでしょうか。外からの新しい風を取り入れることが、新しい一歩を踏み出す最初のきっかけになるかもしれません。

「苦しんでいる人たちに寄り添い、回復への道のりを見守っていきたい」。それが私たちの一番の願いです。

法人の方へ

企業が求めるレベルの職場復帰をサポート

うつ病などによる社員の休職・離職には、代替社員の補填や業務の引継ぎなど、さまざまな問題が発生します。これは企業側にとっても大きな損失。こうした問題の予防や解決は、経営戦略上においても非常に重要な施策であるといえるでしょう。

弊社は、そうした休職者や離職者に対する職場復帰支援において、これまでに数々の実績を積んできました。保健師や精神科医療機関出身者、企業側の状況に精通したキャリアカウンセラー、企業採用支援のプロフェッショナルなど専門性の高い人員を擁し、「企業目線」を重視した「企業が求めるレベル」での職場復帰をサポートいたします。

うつ病予防対策に有効な提案を行います

弊社は、社員のうつ病予防対策においてもさまざまなノウハウを構築。社員が働きやすい職場環境づくり、社員の満足度向上に向けた取り組みなど、これまでの事業経験から得られた幅広い提案を行っています。社員がうつ病になってしまってから対策を講じるよりも、あらかじめ予防に努めたほうが数段効果的。社員一人ひとりの安心感と信頼感につながるばかりか、採用時のPRポイントとしても使えます。

医療機関の方へ

復職を希望される方の社会復帰支援では、各企業によって異なる復職までの流れや復職基準、ニーズなどに基づいたサポートを行います。また、企業や医療機関に対して、通所状況や活動内容(傾向・課題・対処法・サポート資源)などの情報提供を徹底。それらを元に本人とコミュニケーションをとっていただくなど、各関係機関との情報共有や連携にも力を入れています。

弊社の役割は、評価や判断を下すことではなく、本人の自己理解や取り組みへの意欲を促しながら、復職に際して求められる主体性や自己管理能力を身につけていただくこと。最終的な社会復帰の可否判断そのものも、企業の担当者さまや主治医さまに委ねさせていただいています。

各関係機関の皆様には、そのような弊社の方針をご理解いただいた上で、今後ともご指導ご鞭撻くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

Copyright © Views All rights reserved.